【タートオプティカル・アーネル】ベンジャミン・バトンでのブラッド・ピットのメガネ

映画『ベンジャミン・バトン』 (正式邦題:ベンジャミン・バトン 数奇な人生)をご存知ですか?

おじいちゃんの姿で生まれた赤ちゃんが、歳を重ねるごとに容姿が若返っていく、ベンジャミンという人物の物語です。

この映画で、主人公ベンジャミンを演じるブラッド・ピットがタートオプティカルのアーネルをつけていると巷で話題に。

それは本当なのでしょうか?

貴重なショットを合わせ、特集します。

 

映画『ベンジャミン・バトン』とは?

ベンジャミンバトンとはどんな映画か、みていきます。

 

フィッツジェラルドの小説が元ネタ!

ベンジャミン・バトンはアメリカでもっとも有名なさっかといるF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説が元ネタとなっています。

1922年に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドによる短編小説をもとにエリック・ロスとロビン・スウィコードが脚本を執筆し、デヴィッド・フィンチャーが監督した。なお、フィンチャーと主演のブラッド・ピットの二人にとっては『セブン』『ファイト・クラブ』に続くコンビ作品となった。

 

 

年齢を重ねるごとに若返る男の一生を描いた作品

この映画は、年老いたデイジー(ベンジャミンの奥さん)が愛娘のキャロラインとともに、ベンジャミンの生きた数奇な人生を振り返ることから始まります。

 

生きるとは何か、死ぬとは何か。人間に訪れる生と死、そしてたゆとう時間の流れを描く心に迫る作品。
 
ベンジャミンは生まれたときには80歳の老人の体を持つ赤ん坊だった。数年の命を宣告されるも、彼はどんどん若返っていく。そして、彼は運命の人デイジーと出会うのだった。数奇な人生を生きたベンジャミン。彼はその人生を通して様々なことを見聞きし、経験した。そして、訪れた死。

 老いていくのに外見は若返っていく。周囲の人間たちとは老いの歩調が違う。それがベンジャミンの苦悩を生み、そして、ベンジャミンにデイジーという最高の人を与えた。苦しみがあるからこそ、愛が何かを知る。

 

他にも魅力がたくさん!

この映画は、デヴィッド・フィンチャーとブラピのコンビだったり、誰が企画をするか(監督はスピルバーグ氏との声もあった)であったり、ハリケーン・カトリーナ後のニューオーリンズがロケ地であったり、アカデミー賞に13部門にノミネートされたりと、話題が豊富です。

公開は2008年ですが、今もなお語り継がれる作品です。

映画の予告編はこちら (ワーナーブラザーズジャパン公式YOU TUBEです) ↓

主演はブラピ!

世界の歴史に名を残すフィッツジェラルド氏の物語、考えに考えられた企画、製作費1.5億ドルの、想いのこもった映画の主役を務めたのは、世界的俳優のブラッド・ピットです。

彼は今回の作品でも、素晴らしい演技を披露していました。

ベンジャミンの人生を描く、ということで、そのベンジャミンの登場シーンは非常に多かく、また、おじいちゃんから赤ちゃんまでの姿(少年時代より前まで)を多様な姿を描いているので、大変だったと思いますが、さすがの演技でした。

「メイクも大変だった」という話も取り上げられています。

──老人顔のシーンが長いですね。特殊メイクが大変だったでしょう?

「あの顔が出来るまでには随分時間をかけて何度もテストをしたんだよ。最終的に決まった顔を鏡で見てびっくり。僕の母方の祖父に似ているんだ(笑)。メイクのために毎朝3時に起きるんだから大変は大変だけど、でも思ったほどじゃなかった。ただ座っているだけだから新聞を読む時間が増えたり、贅沢な面もあったよ」

映画.comより引用

彼は活躍を認められ、2009年第81回のアカデミー賞、主演男優賞にもノミネートされました。
(この回のアカデミー賞主演男優賞の受賞は映画『ミルク』のショーン・ペン氏でした)

 

ベンジャミンのメガネ

そんなブラピが演じた主人公ベンジャミンですが、彼がメガネをかけているシーンがいくつかあります。

これは、メガネフリークとしては見逃せません。

おじいちゃんの時、中年の時、大きく分けて2回メガネチェンジがあったように思われます。

どちらも圧巻でした。

 

メガネ1:おじいちゃん期

ベンジャミンの若いとき(見た目がおじいちゃんなのでおじいちゃん期には、ラウンド型のメガネをつけています。

このメガネがどこのブランドのものか、残念ながら判断できませんでした。

一部、オリバーピープルズという声もありますが、これが本当にオリバーピープルズかどうかはわかりません。

ブラッド・ピットはプライベートでオリバーピープルズえを掛けているのは有名です。

果たしてこの映画でも、愛用ブランドのものを装着しているのでしょうか?

あまりにもメガネが似合っていますので、フォト特集を。

#ベンジャミンバトン数奇な人生 #TheCuriousCaseofBenjaminButton <ベンジャミンバトン イズ ユー> 数奇な人生と謳っているけれど、見た目と歳のとり方以外、彼の人生は「普通」だった。 ヤーイヤーイと石投げられたり、サーカス小屋に売られたりするゆだと思ってた笑。 人は各々色んなことを経験するけれど、結局生まれて死ぬのは同じ。劇中でデイジーが事故に遭ったり、神父が突然死したりするシーンこそ数奇。それであってリアル。現実は見えない数奇の連続である。 なんかでもさ、、、せっかくブラピ出すんだからメイクもうちょっと頑張れなかったのかな?(笑)ティーンエイジャーブラッドの歌舞伎俳優みたいな眉毛何?(笑) ブラピのフェイス苦手なんだけど、演技は凄く好きだ〜 アメリカンカルチュアルスタディー教授タケシsaid「ディカプリオもブラピもアカデミー賞はとれない。トムクルーズもジョニーデップもとれない。演技の問題じゃないんです。そういうものなんです。」 実際のところ、オトコの嫉妬はオンナのそれより根深いと思う。

A photo posted by @wakame_3 on

You know who I am? #thecuriouscaseofbenjaminbutton #cultmovie #00s #bradpitt

A photo posted by Eduardo Vilches Aicart (@dud_detective) on

 

2.中年期

ベンジャミンとデイジーが向かい合うこのシーン。

中年期ですと、タートオプティカルのアーネルを掛けています

写り具合でブラック×クリアーの2トーンに見えたり、ブラウン×クリアーの2トーンに見えたりするのですが、おそらくブラウン×クリアーです。

サイズは44か46だと思われます。

着用はヴィンテージモノです。

細い顔に良く似合っています。

 

写真特集です。

帽子にも

 

ベンジャミン×ハット×アーネル
ベンジャミン×ハット×アーネル

lunettes de.comより画像拝借

シャツにも

ベンジャミン×シャツ×アーネル
ベンジャミン×シャツ×アーネル

lunettes de.comより画像拝借

ベンジャミン×シャツ×アーネル2
ベンジャミン×シャツ×アーネル2

lunettes de.comより画像拝借

ディーンスタイルも披露していました。

ベンジャミンのディーンスタイル
ベンジャミンのディーンスタイル

lunettes de.comより画像拝借

 


以上、ベンジャミンバトンのアーネル特集でした。

でれも格好良くスタイリングされていて、勉強になります。

私の場合は、体型を真似るところから始めないと(^^; 苦笑

アーネルの取り扱いもしていますので、覗いてみて下さいませ。↓

アーネルの商品ページはこちらボタン
こちらの画像をクリックすると、アーネルの商品ページへ飛びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です